OUR VALUES

Why count on us to deliver results? Because each person brings something different to the team.
Furthermore, there are a set of core values that we all share: altruism.

Takafumi MIYAMOTO/宮本 崇史

・Assistant Professor/Group Leader

Tsukuba Top Runner Faculty (2020~)
Leading Initiative for Excellent Young Researchers (2018~)
Overseas Research Fellowships  (2013~2014)
The Albert L. Lehninger Award :Johns Hopkins University (2013)
・National Registered Dietitian (2002)
[Education and Research experience] researchmap

Satoi Goto/後藤 慧

2020年4月~
筑波大学大学院 人間総合科学学術院(修士課程)
人間総合科学研究群フロンティア医科学学位プログラム
『ELOVL6による脂肪酸の質的変容から見たがんの病態に対する理解』

『ラマン分光法を使った非染色・非侵襲的な液性成分の特性解析』

Hiroshi Ohno/大野 博 (Matsuzaka Group)

[Collaboration] 2020年~
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 特任研究員
『Elovl6による脂質の質的制御が脳神経系に与える影響』

Yuhei Mizunoe/水之江 雄平 (Shimano Group)

[Collaboration] 2019年~
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科
日本学術振興会 特別研究員(PD)
『骨格筋HMGCR-KOマウスによるstatin myopathyの理解』

Yoshinori Osaki/大崎 芳典 (Osaki Group)

[Collaboration] 2019年~
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 講師
『新たなコレステロール代謝機構の発見と治療への応用』

Song-Iee Han (Shimano Group)

[Collaboration] 2018年~
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 特任研究員
『SREBP-1活性化を制御する新奇プロテアーゼによる新たな脂質代謝機構の解明』

Kenta Kainoh/戒能 賢太 (Sekiya Group)

[Collaboration] 2018年~
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 医師/大学院生
『転写制御因子CtBP2の活性制御機構の解明』